この記事の所要時間: 241

車売却の必要書類

車売却の必要書類をあらかじめ準備しておく事で、スムーズに取引を行う事が出来ます。
逆に言えば、必要書類が無ければ車を売却する事が出来ません。
現金がすぐに必要という方は、必要書類をしっかりと準備しておきましょう。

また、車売却に必要書類の中には普段使用しない物もありますので、紛失している可能性もあります。
紛失している場合には、再発行など時間がかかる場合があります。
売り時を逃す事にも繋がりますので、車の売却を決めたら必要書類の確認をしておくようにしましょう。

車売却の必要書類

普通自動車と軽自動車にて必要書類が少し異なります。

軽自動車

車検証

車検証は車検が残っている車であれば、必ずあります。
この車検証が無ければ公道を走る事が出来ません。
万が一にも紛失した場合には、必ず再発行しなければなりません。
車検が切れている場合には必要がありませんが、あれば便利なので取っておく事をオススメします。

自賠責保険証明書

自賠責保険というのは強制保険なので、誰もが持っている書類となります。
車検が切れている場合には、自賠責保険証明書は必要ありません。

自動車納税証明書

車を持っていれば誰もが税金を支払う事となります。
税金を支払っている証拠になりますので、大切に保管しておく必要があります。

リサイクル券

2002年7月12日以降に購入した車であれば、リサイクル券は発行されています。
廃車時の費用を先払いしておくシステムとなっており、支払った証明となります。
リサイクル券は車の所有者が支払う事となりますので、車を売った際にはお金が戻ってきます。

委任状

委任状に関しては自分で用意するという事はありません。
業者側で用意をしてくれますので、記入をして提出する必要があります。

住民票(必要ない場合がある)

車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が異なる場合に用意しておかなければなりません。

普通自動車

軽自動車と同じく下記の書類は必要となります。

・車検証
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・リサイクル券
・委任状

普通自動車の場合には、印鑑登録証明書も必要となります。
車の売却には実印が必要となりますので、必然的に印鑑証明も必要となるわけです。
軽自動車の場合には基本的には認め印で問題ありません。

まとめ

必要書類が揃った時点で車買取代金の支払いとなります。
そのため、スムーズな取引をするために、事前に用意をしておくようにしましょう。

紛失している場合には、再発行手続きをしなければなりません。
時間がかかる場合もありますので、早めに手続きをしておくようにしましょう。
また、買取業者によっては再発行手続きをサポートをしてくれる所もあります。

業者によっては現金手渡しではなく、振込となる場合もあります。
口座情報が必要となる場合もありますので、事前に確認が必要です。

相談や査定依頼自体はどこの業者も無料なので、一度気軽に相談する事をオススメします。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。