この記事の所要時間: 229

車売却後の保険の等級

車を購入している人であれば、自賠責保険の他にも任意で保険に加入をしている人も多いと思います。
任意保険には等級があり、事故を起こさずに加入していると、等級が上がり割引率も高くなります。

この保険の等級ですが、車を売却した時にどうなるのか心配になる方もいると思います。
車の売却には色々な理由がありますが、売却する時でも等級を一定の期間の間、保存する事が出来る中断制度があります。

今回は、車売却後の保険の等級について焦点を当てて記載していきます。

車売却時の保険の等級は?

車を売却した時には、保険の等級を保存する事が出来る中断証明書を発行してもらう事で、一定の期間等級を保存する事が出来ます。
売却する事の他にも、海外赴任などで車が不要になった場合でも、保険会社に連絡をして中断証明書を発行してもらうようにしてください。
保存期間は、加入している自動車保険の会社によっても異なるため、保険会社に確認をしなければなりません。

等級が低い場合でも新しく加入するよりはお得になるため、面倒かもしれませんが手続きを行っておくようにしてください。

中断証明書の手続き

どんな状況でも中断証明書を発行出来るというわけではありません。
中断後の保険契約が7等級以上である事や契約日までに一時的に抹消登録をしている事、車検証の有効期限が切れて車検を受けない事、廃車・他人への譲渡・リース業者への返還手続きが完了している事が挙げられます。

上記で記載されているような項目で条件が満たしている場合に、保険会社に必要書類を提出する事で発行してもらえます。
条件は業者によっても異なるため、保険会社に中断証明書について確認をする必要があります。

必要書類は?

中断証明取得依頼書、保険証券のコピー、車両の廃車、譲渡、返還などの証明書があります。
これを保険会社に提出する事になるわけですが、再度保険を契約する際には、中断証明書と新しく購入した車に関する書類を提出する事で行う事が出来ます。
そのため、中断証明書を発行してもらった場合には、紛失しないようにしっかりと保管をしておくようにしてください。
おおよそ10年間の一時中断の効力がありますので、書類を紛失してしまうというリスクも考えられますので、十分に注意をするようにしましょう。

中断証明書を使って再契約する

中断日から10年以内、新しい車を取得してから1年以内、車の所有者が同一人物、自動車保険の被保険者が同一人物、車の用途・車種区分が同一である事が条件となります。
上記の条件が揃ってしなければ、中断証明書を持っていたとしても等級を引き継いで契約をする事が出来ません。

特に車の所有者が同一などは簡単な条件だと思いますが、車を所得してから1年以内に再契約をする必要がありますので、新しい車を購入したらすぐに保険会社に問い合わせをしておくようにしましょう。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。