この記事の所要時間: 642

事故車の査定前に修理するのか

現在ではエコという言葉も流行っている程、廃車や事故車の場合でも思った以上の価格で取引されています。

事故車を売却する場合には、売却前に修理を検討しようとしている方がほとんどだと思います。
傷などが入っていると、査定額が落ちるため修理した方が高く売れるというのは間違いありません。

しかしながら、傷を修理する事は必ずしもプラスに働くとは限りません。
査定前に修理をすると損をする可能性が高いため、情報を知っておくというのは重要です。

今回は、「事故車の査定では修理した方が高く売れるのか?」という疑問について焦点を当てていきます。

事故車の査定前に修理した方が有利か

前述もしましたが、事故車の査定を検討している方は、修理をした後の方が高く売れる事は間違いありません。
傷も消えますし、しっかりとメンテナンスされた車というのは高く売れるのは当然です。

しかしながら、査定前に修理をする事は辞めておきましょう。
なぜならば、修理には費用が発生するためです。

査定額は高くなりますが、修理費用の方がもっと高くなりますので、結局損をしてしまいます。
業者側は買い取った後に、自社内にて修理をした方が安く済みます。
そのため、修理をする前に業者に査定をする事で、総合的に高くなるわけです。

事故車などの車の売却を検討している方は、買取専門店ではなく、事故車を専用に買取している業者、もしくは自社内にて整備工場を保有している業者にしましょう。
ただし、買取専門業者でも独自のルートを持っており、時期によっては高く売れる可能性もあります。
色々な業者と査定額を比較して、より高い所に売れば問題ありません。

解体をするため修理しない

事故車や不動車の場合には、そもそも解体をして、パーツとして再販、鉄などのリサイクル品として販売するため、修理をする必要がないのです。
普通車と比べても、事故車や不動車は修理の費用まるまる損をしてしまう可能性が高いため、十分に注意をするようにしましょう。

自分で修理をしてみる

簡易的な修理であれば自分で行う事も可能です。
傷が付いたため修理キットで直すのは、プラスに働く可能性があります。

修理した事は査定をすれば分かるのですが、大切にメンテナンスされているというのはプラスポイントになるため、簡易的な事であれば修理しても良いと思います。

ただし、プロの技術がいるような修理に関しては、素人が行うとかえって傷つける事となります。
あくまでも簡易的な修理に限られます。
少しでも不安がある場合には、修理する事なく査定に出した方が無難と言えます。

事故車(修復歴車)は売れるのか

事故車(修復歴車)も売却すること自体は可能です。

事故車の売却は、主に車の買取業者や廃車や不動車を專門に買い取って業者が行っています。
また、個人経営の自動車修理工場でもパーツの確保方法として事故車を買い取っている場合があるので、売却自体は通常の車と同じように出来ます。

売り方も通常の車売却と同じで、車の買取業者に連絡して査定を受け、買取額を決めてから売却するという全く同じものなので、事故車だからと言って売ること困ったり、売れなかっりする事は全くありません。

事故車の売却価格はあまり期待出来ない

事故車でも売ること自体は特に制限はなく、車の買取業者の多くが買取に対応しているので売却自体は特に問題なく出来ますが、事故車という車としては大きな問題を抱えている以上は、高い査定額を求めるのが難しくなります。

事故車を売却する場合は事故車であるという事実は動かしようのないマイナス要因ですが、車の状態によっては高く売れる場合もあります。
高く売れると言っても事故車の範囲内で高いというだけなので、実際は事故車ではない車よりは大幅に価値が下がるので、あまり期待をもつのはオススメ出来ませんが、それでも売り方次第では10万円ほど高く売れる可能性はあります。

より高く売る方法

修理をしなくても高く売る方法というのは存在します。
それは、複数の業者と比べるという事です。

地元の業者、大手の業者、ネットオークションなど、様々な売却方法があるわけですから、車を売る方法を選ぶ基準は人それぞれだと思います。
しかしながら、高く売れる条件というのは季節によっても異なりますし、地域によっても違ってきます。
買取業者もそれぞれが独自の再販ルートを持っているため、査定額が大きく違います。

そのため、複数の業者の比べなければ、どこで今一番高く売れるのかというのは変わってきます。
たとえ以前に売却した業者が高かったから、今回も高く売れるという事もないわけです。

売却を検討している方は、その時々で複数の業者に査定を依頼するようにしましょう。
その際には、一括査定サイトを利用するとスムーズに比べる事が出来ます。

廃車専門業者に依頼する

売りたい事故車が損傷で走行出来ない場合は、廃車専門の買取業者に売却した方が高く売れる可能性があります。

修復歴のある車である上に、車としての機能を失ってしまっていると、それはすでに「自動車」とは言えないものです。
ただ車としての機能がなくとも部品という価値があるので、廃車の専門買取業者が買い取ってくれます。

廃車の専門買取業者のメリットは、自動車としての価値を求めていない所です。
廃車専門の買取業者の査定は、自動車の価値を全く無視して行われますが、走行出来ない修理歴あるの車は自動車としての価値がほぼないので特に問題になることがありません。

事故車は自動車としては大きなデメリットですが、すでに自動車としての価値を失っていても廃車専門の買取業者は自動車を求めていないので、事故車という大きな欠点は無視され、どの車種のどの部品がどの位取れるかが重視されます。

廃車専門の買取業者は元々自動車であったものならそれでよいので、自動車ではなくなった「元自動車」を売るには有利な業者です。
ただ、廃車専門の買取業者は全国対応をしている所がまだ少ないので利用しにくいという難点があるので、この方法では売却出来ない事もあります。

廃車専門の一括査定サイトもありますので、そういったサービスを利用すると専門業者も見つけやすいでしょう。

最悪の場合はリサイクル業者に売るという手段もある

リサイクル業者

事故車の売却に失敗した場合の最後の手段として、リサイクル業者に売却するという方法もあります。

リサイクル業者の中には、自動車を資源として買い取っている業者があります。
規模の大きなリサイクル業者であれば車を引き取りに来てくれる業者もあるので、意外と利用しやすいのが特徴です。

リサイクル業者での売却価格は普通車で1万円から2万円ほど、軽自動車で4,000円程度と決して高い値段ではありませんが、処分費用をかけずに車が処理出来て、多少のお金が手に入ります。
買取価格は金属の価格によって変動するので、時には高い価格で売れる事もあれば、安い値段になってしまう場合もあります。

車を売る人からスレば決して満足のできる結果ではないかもしれませんが、最後の手段としてリサイクル業者での売却は選択肢の1つとして考えておけば、売れない車の処分費用を掛けることはなくなります。

事故車の売却はその状態によって売る相手を選ぶ事で、事故車としては高く売れるようになる他、売れずに困るという事もなくなります。
修復歴は大きなハンデですが、売却自体は諦める事はありません。
少し手間がかかる面もありますが、やり方さえ知っておけば高い確率で現金化出来ます。

廃車専門の買取業者でほとんどの場合には買取可能で、リサイクル業者よりも高く売る事が出来ます。
査定自体も無料で行う事が出来ますので、まずは廃車専門の一括査定をしてみる事をオススメします。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。