この記事の所要時間: 310

買取が出来ない車

車を売却しようと思った際には様々な方法がありますが、ほとんどの方が買取業者に依頼する事となります。
その理由としては、買取業者が日本全国に多く存在するようになり、価格競争が起こり比較的高く売れるという事にあります。
また、トラブルになる心配もない、名義変更などの代行手続きなど簡単に車を処分する事が出来る、というのも理由として挙げられます。

しかしながら、買取業者も利益を上げるために買取をしているわけです。
つまり、買取が出来ない車というのも存在します。

買取が出来ない車は?

車を買取をした後は、自社内にて整備を行い利益を乗せて再び市場に流す事になります。
整備を行っても売れる見込みがないと判断された車は、「買取が出来ない」という判断になるわけです。

具体的にどんな車が買取出来ないという判断になるのでしょうか。
一般的には、故障車・事故車・水没車・炎上車・過走行車と言われています。
整備が出来ないため、車としての価値がありません。
そのため、通常の買取業者は買い取る事が出来ないというわけです。

修理を自分で行えば良い?

不動車の場合、自分で修理が出来るという人も中にはいると思います。
もしくは、友人が出来ると言った場合も考えられます。
しかし、そういった場合でも修理を行う事は絶対に辞めてください。

修理をしたからと言っても、事故車や故障車が売れる可能性はどこにもありません。
高く売れたとしても、修理費用よりも高額になるという事は絶対にあり得ないわけです。

そのままの状態で業者には査定依頼をするようにしてください。

買取が出来ない車を専門に買い取る業者

故障車・事故車・水没車・炎上車・過走行車というような、業者に買取拒否、0円査定、引き取り料が必要と言われるような車だとしても、専門に買取をしている業者に依頼すれば、お金に変える事が出来る可能性が高くなります。
なぜ事故車などを専門に買取をしている業者が存在しているかと言うと、事故車などでも海外市場では非常に人気が高いためです。
独自の流通ルートを持っているというのが大きな理由のひとつとなります。

また、動かないような車だとしても、車を解体してパーツやリサイクルの鉄などとして再販する事が出来るため、一見価値がなさそうな車の場合でも問題ないというわけです。
そういった業者は、インターネットでも簡単に見つける事が出来ます。

より高く売るためには

本来であれば、0円査定、引き取り料が必要と言われた車が売れるだけでも助かるという人は多いと思います。
しかしながら、より高く売る方法もあるため、簡単に1つの業者で即決するような事は辞めておくべきです。

より高く売るためには、複数の専門業者に査定依頼をしましょう。
業者によっても、持っている流通ルート、かけている経費(※人件費や広告費など)なども異なるため、査定額に差が生まれます。
ましてや特殊な買取になるため、独自のパイプや経費の削減などの企業努力が大きな査定額の差が出てくるというわけです。

現在では事故車などの特殊な車を専門に扱った一括査定サービスもあるため、ぜひ利用してみると良いでしょう。

それでも買取が出来ない車

専門業者でも買取が出来ないという場合もあります。
例えば、必要書類がない・鍵がないと言った場合です。

必要書類がないと言った事は多々ある事で、普段使わない書類などもあるため、事前に確認が必要となります。
もしも紛失している場合には、再発行手続きが必要になるため余分な費用がかかります。
その他、鍵に関してもディーラーに連絡を取り、対応方法を確認しなければなりません。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。