この記事の所要時間: 734

車の買取と下取りの違い

車を処分する方法は売却と廃棄という2種類の方法がありますが、売却を選択する場合はさらに2つの方法があります。
車を売却するという選択をする場合、今では当たり前の用に行われるようになった「売却」と、車を現金にするのではなく、何かの商品と交換、または代金の一部として引き渡す「下取り」という方法があります。

車の買取と下取りは、どちらも不要になった車を業者に引き渡して対価を得るという面では同じですが、「売却」は現金を、「下取り」は現金以外を対価として受け取ります。

対価として受け取るものが違うため、車を売却する事を選択するのか、それとも車を下取りに出す事を選択するのかは車を手放した後の計画によって変わります。

車の買取と下取りの違い

車の買取と下取りにはそれぞれ違う特徴と共通した特徴があります。

車の買取、下取りともに、車の買取業者や買取行っている販売店などを利用した場合は売却に関する手続きなどを業者側で行ってくれるので、特に面倒な手間を掛ける必要がなくなります。
譲渡手続きや買取、下取りに出した車の輸送などは業者側で代行してくれる他、費用も基本的に無料です。

また、ローン中の車も買取や下取りで処分出来ます。
業者によっては対応出来ない事もありますが、ローン中の車は残っているローンを売却や下取りに出した車の買取額や下取り額から相殺され、この場合も必要な手続きは業者側で全て行ってくれます。

買取と下取りでは違う部分が出る特徴

車の買取と下取りでは違いが出る事があるのは以下の通りです。

車の買取

車の買取は、車の買取業者に不要になった車を引き渡して、その対価として現金を受け取るというものです。
内容的には本やゲームソフトの売却と全く同じものですが、車の場合は本やゲームのように持ち過去日が出来ないこともあります。
そのため、車の買取業者に売りたい車を持ち込むよりも、自宅や職場などに業者を呼んで査定をしてから買取価格を決める出張査定が基本になっています。

車の買取業者は売りに出された車を査定と言われるその車の買取価格を決める作業を行い、車を買い取ります。
車を売る側が売値を決められないのは、本やゲームなどを買取店へ販売する事と同じです。

車の買取の最大の特徴は現金を手に入れられるという点です。
売却なので当然ではあるのですが、下取りとの一番の違いでもあり売却の最大の利点でもあります。

車を売却する場合は査定から一週間ほどで金融機関の指定した口座へ売却代金が入金されます。
過去には現金の手渡しも行われていましたが、現在ではほとんどの車買取を行っている業者では金融機関への入金になっています。
一部の業者では査定後の現金手渡しを行っている業者も存在するので、早めに現金が必要な場合は業者と相談してみてください。

車の買取を選択した場合、比べることで高く売れる可能性が高くなります。
ここで言う比べるとは、車の買取業者が出す査定額を比較することを指します。
出来るだけ多くの車買取業者から査定を受けて、提示された査定額を比較して一番高い査定額を提示した車買取業者に売却することで、数万円から数十万円ほど高い値段で車を売る事が出来ます。

車の買取業者は査定の基準や担当者の質などで、業者間の査定額には必ず差が出るため、その差を埋めるために複数の車買取業者に査定を申し込んで、査定額を比べるという一手間を掛けるだけで、売りたい車が高く売れやすくなります。

車の価値によっては100万円単位の差額が出ることもあり、基本的に売りたい車の価値が高くなればなるほど比較することの高価は高くなりますが、どんな価格帯の車でも査定額を比較する事は大きな効果をもたらします。

複数業者からの査定を取るには、電話やメールで車の買取業者に1社づつ査定を申し込む必要がありますが、ネット上にある車売却向けの一括査定サービスが存在するので、これを利用すると数分で複数の車買取業者に査定を申し込めます。
一括査定サービスは無料で利用出来るので、車を売却で処分する時は利用してみてください。

車の下取り

車の下取りは「買取」と同じように、処分したい車を車の買取業者や買取を行っている車の販売店などに引き渡して現金以外の利益を得る方法です。
車の買取とは違い現金を手に入れられないのが特徴で、主に車を買い換える時の手段として利用される車の処分方法です。
車を下取りで処分する場合、1つの業者で不要になった車の売却と、次に使う車の購入をセットで行うことになります。

下取りは形式的には車を業者に売却する事と同じですが、現金の代わりに車を下取りに出した業者から商品を購入する代金に当てられます。
分かりやすく言えば、現金の変わりに車を下取りに出した業者のみで使えるポイントを得るようなものです。

下取りも買取と同じように、業者が査定をして下取りをする車にどの位の価値があるかを決めます。
その後、同じ業者から購入する車の代金へ回されることになり、その分安く購入出来るという利点があります。
車を売った代金分の現金を受け取らないこと、車を下取りに出した業者で次の車を購入することから、売却の時よりも処分する車に高い査定を出してくる業者が多いため、車の買い替えの時には下取りが有利になることもあります。

ただし、車の売却とは違い次に使う車の購入が伴うために不要な車の処分に下取りを選択する場合は、車を下取りに出す業者が次の購入予定の車を販売している業者に限られてしまうため、売却する場合のように業者を選ぶ自由度が低くなります。
車の売却では当たり前である複数の車買取業者から査定を受けて、査定額を比べてから一番高い査定を出した業者に売却する(下取りに出す)ことが難しいので、時に売却した方が下取りよりも高い値段で売れていたということもありえます。

そのため、現在では下取りよりも買取の方が車を適正な価値で、より高く売れる機会が多くなります。
さらに売却する事で現金を得られるので、次の車を購入する販売店も選択出来るようになるために、車を買うという場面でも有利になります。

買取と下取りどちらを選べば良いのか

買取も下取りもそれぞれ利点はあるのですが、現在は特に理由がない限りは買取を選択した方が有利になりやすくなっています。
ただし、単純に車を売却するだけでは有利にならず、一括査定などを利用して複数の車買取業者から査定を取り、査定額を比べる必要があります。

もし、複数業者からの査定を取らずに1つの車買取業者だけで査定から販売まで行ってしまった場合、下取りを選択した時よりも損をしてしまう事があるので、買取で車を処分するのなら必ず複数の車買取業者に査定を申し込んでおく必要があります。

下取りも複数業者の査定が出来る

下取りを選択する場合、やり方によっては売却と同じように複数の業者から査定を取って、業者ごとの査定額を比べて下取りに出す車買取業者を決める事も出来ます。

下取りを前提にして複数業者から査定を受ける場合、査定を申し込む業者は車の販売をしている業者に限られます。
そのため、査定を申し込む業者を自分で探す必要があります。

車売却の一括査定も利用出来ますが、その場合は車の販売を行っていない買取専門業者も存在するので、査定を申し込む業者を選別する必要が出てきます。

下取りと買取のどちらが良いのかを比べる方法

買取と下取りを比べると、どうしても買取の方が有利な面が多いのですが、下取りも売却よりも高い査定が出やすいという利点があるので、上手く利用すれば売却にはない利点を得られます。

ただ、買取も下取りも実際に業者から査定を受けてみないとどちらが得をするかというのは分かりません。
そこで、査定を受ける段階では買取か下取りを決めずに複数の車買取業者と、車の販売もしている業者どちらにも査定の申し込みをして、買取の査定と下取りの査定を同時進行させる方法もあります。

この方法は通常の複数業者からの査定を基本とした売り方よりも、車の買取もしている販売店に限定した複数業者での査定も必要になりますが、ネット上の一括査定サービスを利用すれば簡単に行えます。

一括査定サービスでは査定を申し込む業者を選択出来る他、業者の情報も分かるので、売却のための査定と下取りのための査定を分けて利用する事も出来ます。
少々変わった利用の方法ではありますが、一括査定サービスの活用法の1つです。

査定にかかる時間が多くなってしまうという難点はありますが、車の処分に時間をかけられる人には有利な方法でもあります。
対応地域内にある業者の数にも影響されてしまうので、地域によっては買取か下取りに絞った方が良い結果になります。
しかし、車の処分に次の車の購入も視野に入っていて、時間をかけられる余裕があるのなら試してみる価値は十分にある方法です。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。