この記事の所要時間: 239

車売却の還付金

車を売却をする事で、査定額だけではなく還付金もあります。
還付金がある事で思った以上になる場合もありますので、知っておくだけでも非常に効果的と言えます。

還付金があるって本当?

毎年4月1日の時点で車を所持していると、自動車税を1年分支払う事になります。
これは5月に請求書が届き、普通車であれば必ず支払っています。

1年分を前払いしているという事もあって、売却をした時点で月割りで自動車税が還付金として戻ってきます。
軽自動車の場合(※軽自動車税)には、売却したとしても還付金がないため注意が必要になります。

自動車税というのは、排気量や積載量などによっても支払う金額が異なります。
そのため、どの位の還付金があるのかというのは、車種によって変わるという事も頭の中に入れておくようにしてください。
かなりの大型車になると10万円を超える自動車税を支払っている場合もあります。

その他、リサイクル料金も還付される事となります。
現在では新車を購入する際に、リサイクル料金を支払わなければなりません。
そのため、売却した際にはこの支払ったリサイクル料金というのも還付金として戻ってきます。
これはリサイクル券が必要になりますので、事前に探しておくようにしてください。

還付金が出ない場合もある?

廃車などの価格が付かないような車の場合には、この還付金の金額を引いて引き取りをするというような業者も存在します。
その他にも、悪徳業者になると還付金の存在を隠す事もあります。
様々なケースがありますが、言わない、買取額の中に自動車税が含まれている、といったケースが多く挙げられます。

還付金が出ないというよりは、ほとんどの買取業者は査定額に含まれているというケースで、しっかりと説明をしてもらえます。
もしも説明が無い場合には、査定の際に還付金がどうなっているのかを、必ず確認しておくようにしましょう。

結局は高く売れれば良い

還付金がある事で思った以上の価格になる可能性があります。
しかしながら、還付金があるのかないのか、査定額に含まれているのかというのは重要ではありません。

要するに高く車を売却する事が出来れば全く問題ないわけです。
還付金が査定額に含まれているという事を査定員に確認をした上で、複数の買取業者の査定額と比べるようにしましょう。
あとは、査定額を一番高く提示した業者に売却するだけです。

複数の業者に査定依頼するというのは必須で、査定額が高くなるという事はもちろん、担当者の質も比べる事が出来ます。
しっかりと還付金の事も説明してくれるような業者も見つける事が出来ますので、面倒かもしれませんが色々な業者を見ておきましょう。

重量税は戻らない

重量税の場合、車を売却しただけでは戻ってきません。
車を廃車する場合にのみ戻ってくる事となりますので、売却の際には考える必要はありません。
その他、自動車取得税に関しても戻ってくる事はなく、還付金があるのは自動車税、リサイクル料金という事を知っておくようにしましょう。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。