この記事の所要時間: 33

車買取の査定額の交渉術

車の買取額をアップするというのは、様々な方法があります。
車の車種や状況によって査定額は大きく左右されますが、買取額をアップさせる方法を守るだけでも数十万円の差が出る事も珍しい事ではありません。

車を売却する方法は人それぞれだと思いますが、共通して高く売りたいというのは変わらないと思います。
買取額をアップさせる方法のひとつとして、交渉術というのが挙げられます。
今回は、車買取の査定額をアップさせる交渉術をピックアップしていきます。

買取の仕組み

一般的に知られている事ですが、まず査定の仕組みをする必要があります。

買取業者はお金を払ってでも買取をするというのは、買い取った車を整備して再び市場に利益を乗せた状態で戻すという事を行っているためです。
要は転売を行っているという事になります。
そのため、安く買って高く売るというのが基本となり、査定の査定には出来るだけ査定額を低くしたいと重いっています。

では、買取額をアップする事が出来ないのかと言われればそんな事もありません。
査定を行う際に必要な材料を揃える事で、交渉をする事が可能なのです。

買取の査定額をアップさせる方法は?

査定額に必要な材料というのは、他の業者の査定金額の情報です。

買取業者としては、安く買いたいという気持ちはあるのですが、それは買い取る車があって初めて思う事なので、まずは車を買い取る必要があります。
知識のない依頼主であれば、業者の言い値だとしても契約が成立する可能性が高くなります。
名義変更などの面倒な手続きも代行してくれますので、無料でもお得だと思ってしまう人がいます。

査定員への交渉としては、他の業者の査定額を提示して、これよりも高くなければ他の業者に売ってしまうという事を伝える事です。
車を買い取る事が仕事なので、他の業者に車が流れてしまっては元も子もないですよね。
そのため、他の業者と査定額を競わせるというのが、一番の交渉術に繋がります。

特にこの他の交渉術はありません。
小手先のテクニックを並べたとしても、相手はプロですから、下手な事は言えません。
価格交渉をするのではなく、ライバルと競わせるという事を行うと、高く売る事が出来ます。

即決を求める業者

「今決めると○○万円にします」と即決を求めてくる業者も中にはいます。
しかしながら、絶対に即決する事は辞めておくようにしてください。

この文言を言う業者というのは、他の業者よりも高い買取額になる自信がないという裏返しです。
自分の査定額に自信を持っている業者は、他の業者に査定依頼をして比較検討しても問題ないと思っています。
ホームページでも相見積もりを歓迎している業者もあります。

インターネットでは高い査定額を提示しても、実際に査定をすると査定額を下げるような会社も存在します。
契約後に傷等があった場合に査定額を下げるような悪徳業者も存在するため、契約書は絶対に見ておく必要があります。

一括査定に参加する業者

複数の業者を比べる際には、一括査定サイトを利用するとスムーズに比べる事が出来ます。
一括査定に参加する業者というのは、複数業者に査定して競わせているという事が前提なため、査定額も高めとなっています。
また、一括査定の運営業者が参加業者を厳選しているという事もあって、変な業者も参加していません。
無料で出来るため、車を売却する際には使わない手はないわけです。

査定額の交渉を行うためにも、一括査定というのは非常に有効な手段と言えます。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。