この記事の所要時間: 259

走行距離10万キロの車の売却

車は乗るために購入するものですから、全く乗らずに売るという事はほとんどありません。
当然消耗品なので、ある程度乗車したら乗り換えを検討する、売却するという人は多いでしょう。
2万5千から5万キロ前後で売却を検討する人が多いのですが、5万キロ以上、10万キロを超える人というのも中にはいます。
どういったタイミングが一番高く売却するのかを知る事が出来たら、次の乗り換えの時にも非常に便利ですよね。

今回は、車を売却する際の走行距離の影響について焦点を当てて記載していきます。

走行距離の影響は?

走行距離というのは、どれだけその位を使ったという一番分かりやすい数字ですから、査定額の評価対象になります。
何かを売却をする際には、使ってあればあるほど価値が落ちるというのが普通です。
稀にヴィンテージ物など、逆に高くなる場合もありますが、車に関しては走行距離が多いと査定額が下がります。
そこでひとつの指標となるのが、5万キロ以上、10万キロ以上という数字になります。

5万キロを超えるとどうなる?

5万キロを超えると確かに査定額は落ちます。
ただし、最近では車の性能も高くなってきており、一概に5万キロを超えたからと言って旧劇に落ちるわけではありません。
そのため、そこまで気にする必要はありません。
4万9千キロと5万キロというのは、全く気にならない差なのです。

当然、走行距離に影響して売却額は落ちますが、その他の手入れ・メンテナンスがしてある車であれば、高く売れる可能性もあります。
5万キロ前後であれば、売りたい時に売れば良いでしょう。

10万キロ以上は?

10万キロを超えている車というのは、さすがに走行距離が多いため、売却額を期待する事が出来ません。
しかしながら、査定は無料となっていますので、査定をしてみる価値はあります。
状態や車種によっても値がつく事もあります。

ただし5万キロの時と同じですが、10万キロになった途端に査定額が下がるという事はありません。
9万キロの場合でも、状態によっては査定額は付かなくなりますので、査定のタイミングを図る事はしなくても良いでしょう。

廃車専門の業者に依頼するという方法

通常の買取業者に売却する際でも、複数の業者に査定依頼する事で高く売却が出来る可能性があります。
しかしながら、10万キロを超えていると、引き取り料がかかると言われる場合も少なくはありません。
そういった場合でも諦める必要はありません。

事故車、廃車専門の業者に査定依頼をすると、思った以上の価格になる可能性があります。
その理由としては、10万キロを超えていたとしても車を解体して、パーツや鉄などのリサイクル品として再販するため、走行距離は関係なくなるためです。

事故車、廃車を専門に買取をしている業者でも、業者によって買取後の流通ルートが異なるため、査定額に差の開きが出てきます。
そのため、こちらも複数の業者に査定依頼をして比較検討する事をオススメします。

自分の車は走行距離が多い?少ない?

自分が乗っている車の走行距離が多いのか、少ないのかという基準は、1年間で8,000キロから1万キロ以上乗っていると多いと捉えられる事が多いようです。
この数字の開きというのは、買取業者によっても違ってきます。
そのため、たとえ5万キロ以下であったとしても、2年で4万キロなどと言った場合には、売却額が大幅に下がる傾向にあります。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。