この記事の所要時間: 735

車を売る理由

1990年台の後半に大手の車買取業者が登場してからというもの、それまで下取りが当たり前だった中古車は売却するという選択が当たり前になりました。
車を売る事が当たり前になってからと言うもの、それまでは買い替えが主な理由だったものが、人によっては買い替え以外の理由で車を売る人も出てきました。

今では車を売る理由は人それぞれとも言える状況になっていますが、どんな人がどんな理由で車を売っているのかはその次代を象徴している面もあるものです。

人々が車を売る理由

人が車を売る理由は、その人の都合によって様々です。

一番多いのは買い替え目的

車は生活に必須とも言えるもので、特に地方では車がないと買い物にも困るような所もあります。
生活の足となっている車は、使い続ければ劣化していく消耗品であるために、時期が来れば買い換える必要が出てきます。
車を買い換える場合はそれまで乗っていた車を処分する事になりますが、過去には下取りに出すのが普通だったものが、大手の車買取業者の登場で下取りよりも売却して現金化することを選択する人が増えました。

また、車の売却は定期的に新車に乗り換える人にも有利なため、新車を買ってまだその車の価値が高いうちに売却して、売却で得たお金を元にして新車を購入するというサイクルを繰り返す人もいます。
この場合は、おおむね3年を目処に車を売却して新たに新車を購入する事が多いようですが、早い人だと2年程度で繰り返している人も存在します。

車の買い替えは他の車を売る理由にも関わってくるため、車を得る理由を全体的に見ると一番多いものです。

家族構成や生活環境の変化

人は時間とともに家族構成や生活環境が変化していきます。
代表的な例は進学、就職、結婚、出産のほかなどがあり、どの要素も引越をする可能性があります。
家族の人数が増えたり周辺の環境が変化すると、車もそれに合わせて買い換える必要や処分する必要が出る場合もあるものです。

家族が増えればより大きな車が必要になりますし、引越をした先が狭い道だらけだと軽自動車の方が利便性が良くなるので、買い換えることも考えられます。
家族構成や生活環境の変化はどんな人にも起こりえるものなので、この変化による車の売却も多くあります。
特に3月から4月、9月、12月になると家族構成や生活環境の変化が理由で車の売却をする人が増え、売られる車が増えると中古車の相場に多少の影響が出ることがあるので、売却価格や中古車の販売価格にも影響が出る事があります。

加齢による免許の返納

最近増えてきているのが、高齢者の免許の返納による車の売却です。
自動車免許は一度取得してしまえば、健康を維持出来ていて更新を続ける限り有効なものですが、近年は高齢者による自動車の運転中の事故が増えたのですが、いくら高齢者とは言え事故を起こせば相応の責任を背負うことになります。
ある意味社会問題化してきた事もあり、運転をせずに高齢者の免許の返納をする高齢者が増えています。

運転免許を返納すれば車を公道で運転することは出来ないため、乗っていた車も不要になり売却する事になります。
中には譲渡する人もいますが、売却して現金化する人も多くなっています。
加齢による自動車免許の返納が理由の車の売却は、高齢化が進むに連れて多くなっていくので今後はさらに増えていくかもしれません。

事故による処分

車を運転していれば、事故に遭う可能性は避けられません。

運悪く事故を起こしてしまった場合も車を売却する理由になります。
事故を起こした車は損傷が軽ければ修理をすれば問題なく使えますが、損傷が大きい場合は修理が出来ない場合もあります。
修理が出来る・出来ないを問わず、事故を起こしたという理由で車を売るケースは珍しいものではありません。

また、事故を起こした事により、車の運転自体に恐怖感を覚えてしまい、免許の更新は続けながらも車の運転をしなくなってしまう人がいます。
そういう人々は車を持っていても維持費がかかるだけになるので、売却して処分してしまう事もあるようです。

災害

この5年の間に、地震と水害という大規模な災害が繰り返し起きていますが、災害も車の売却理由になります。
災害でなんらかの損傷を受けた車は自走出来ない場合もあるため、売却をするか処分をするかのどちらかの選択になります。
売却をするにしてもあまり大きなお金を受け取れるわけではありませんが、売却に成功すれば車の処分費用がかからないというメリットがあります。
また、災害によって駐車スペースを確保することが難しくなった場合も売却される事があります。

車への飽きや趣味の変移

今乗っている車に飽きたという単純な理由で車を売却する人もいます。
自動車は交通手段でもありますが、趣味という側面も持っているために自分お好きな車種を好んで選んで乗っている人も多くいます。
しかし、車にも流行があったり趣味の変化によってこれまで気に入っていた車であっても趣味に合わなくなることがあり、そうなると売却して今の自分の趣味にあった車に買い換える人もいるものです。
車の売却の理由としてはぜいたくなものですが、車の愛好家としては特に珍しい理由ではないようです。
時には短期間で車の売却と買い直しを繰り返す人もいて、車を売る理由としては少ない方ではありますが、同じ人が繰り返し飽きたことや趣味の変化を理由に車を売却する傾向がみられるようです。

任意整理

車は年式や車種などにもよりますが、ある程度の金銭的な価値があるものなので、負債の清算目的で売却する人もいます。
負債の内容も様々で、住宅ローンが払えなくなったり、カードローンの使いすぎで車を売却することになったりと、借金を返済する目的で売却するのは同じでも、借金の質は人によって変わります。
また、新車をローンで購入した人が返済できなくなり売却を余儀なくされるということもあります。

借り入れ金などの負債は返済できなければ差し押さえを受けることになりますが、差し押さえられたものは競売にかけられることがあります。
競売は通常の価格よりも遥かに安い値段で売られてしまうため、返済にあてるにはかなり不利になってしまいます。

それを避けるための手段として、差し押さえを受けるまえに自分で売ってしまい適正な価格で売却して少しでも返済に当てて負担を減らす「任意整理」というもので車を売却するのです。

任意整理は今でもよく行われている手段で、全体の車を売る理由としては少ないものですが、決して珍しい理由ではなくなっています。

車の性能

自動車の性能は新しい物が出るたびに高くなっています。
特に燃費はここ数年で飛躍的にあがり、ハイブリッドカーなども登場しているために一昔前の車は見劣りしてしまうほどなので、新しい車の性能を求めて今まで乗っていた車を売却し、購入資金に当てる人もいます。

2台以上の車の整理

家族構成によっては2台以上の車を所有している世帯もありますが、環境の変化や維持費の節約目的で所有している車の台数を減らすために車を売却する例もあります。
この場合は一旦すべての車を売却して大きめの車を買い直すか、軽自動車を買い直して維持費を安くするといった目的で売却をする例もあります。

車の台数を減らすと駐車場の費用も節約でき、敷地内の駐車スペースを空けることもできるため敷地の有効利用や駐車場に掛けるお金の節約といった利点もあります。

安易な売却は避けた方が良い

安易な売却は避ける

車を売る理由は、車の持ち主の数だけ存在するものです。
しかし、明確な目的ややむを得ない理由がないのに安易に車を売るのは避けた方が安全です。

車は移動手段としてとても重要なもので、たとえ使う頻度が少ないとしても特に理由がない限りは安易に売却をしない方が良い事が多いものです。
理由のない車の売却は、必要な時に車がないという困った場面を作り出す原因になりかねません。

車を売る時も売り方に注意

車を買取業者に売る場合、売却価格は業者によって差が出てしまうので、1つの業者から査定を受けてそのまま売ってしまうと、その車の本来の価値で売れないこともあります。

車を売る場合は、たとえ目的のために早く売らなければならないとしても、必ず複数の車買取業者に査定を申し込んで、査定額が全て出揃ってから一番高い査定額を出してきた買取業者に売却するようにしてください。

この手間をかけずに車を売ってしまうと、時に十万円以上の損をしてしまうことがあります。

複数の車の買取業者から査定を受けるには、車売却の一括査定を使うと簡単に出来ます。
車売却の一括査定はネット上で利用できる無料サービスで、数分で対応地域内の車買取業者に査定を申し込める他、質の悪い業者を排除してくれるので、より安全で適正な価格での車の売却がしやすくなります。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。