この記事の所要時間: 234

車のボディカラーによる査定額の影響

車を売却する際には、買取業者に査定依頼をする必要があります。
その査定ですが、様々なチェック項目があり、減点方式にて査定額が算出されます。
車には相場があり、相場の数字を100として減点されていった金額で売却が出来るというわけです。

その査定のチェック項目のひとつとして、ボディカラー・色があります。
ボディカラー・色というのは、車の査定要素の中でも非常に重要な項目となります。

今回は、車査定のボディカラー・色について焦点を当てて記載していきます。

車査定で人気の色は?

車査定を行う際に重要となるのが、市場で人気のある車なのかという部分です。
買取業者は車を買い取った後に転売をして利益を得なければなりません。
市場で人気のない車を買い取っても、全く意味がありません。

市場で人気のある車というのは、車種にもよりますし、走行距離が短いなど色々とありますが、色というのも重要なのです。
黄色や緑色と言った個性的な色の場合には、その色を車で使いたいと思っている人が世の中に少ないため、査定額を期待する事は出来ません。

逆に、白色や黒色というのは多くの方に好まれる色という事もあって、比較的高く売れる傾向があります。
パールホワイトやブラックは、プラス査定になりやすく、茶色、ベージュ色、黄色、赤い炉、緑色はマイナス査定になりやすいと言えます。

黒は色によってプラス査定になる可能性がありますが、傷や汚れが目立ちやすいというのは注意しなければなりません。
傷や汚れが目に見えて分かる場合には、大きな減点対象となります。

車種によって変わる

車種によっても人気の色というのが存在するため一概には言えません。
そのため、どの色だから絶対にプラス査定になるという事がないのは注意しておく必要があります。
マニアックな車の場合には、そもそも色が関係ないという事も考えられます。
逆に高級車の場合には、色が普通の車よりも大きく影響してくる可能性があります。

売却するタイミング、地域によっても変わってくるため、詳細の査定額を知るためには買取業者に査定依頼をするしかないのです。
また、業者によっても数十万円の差が出てくるため、査定依頼をする際には必ず複数の業者と比較検討する事をオススメします。
3社から6社の買取業者に査定依頼を行う事で、より高く買い取りが出来る可能性もありますので、必ず行っておくようにしましょう。

塗装する必要はない

人気がないボディカラーだとしても、わざわざ塗装をする必要はありません。
塗装の費用も高いわけですし、そこまで色を変えたからと言って査定額が上がるわけではないのです。
高く売れる業者が見つかるまで、複数の業者に査定依頼をした方が効率が良いと言えます。
査定時間は1社あたり30分程度となっていますので、普段忙しいという方もいると思いますが、出張査定にも対応している業者も多くありますので、そういった業者に査定依頼をしてみると良いでしょう。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。