この記事の所要時間: 741

車売却の洗車や社内清掃

車の売却を計画した場合、売ろうとしている車が汚れていたらどうするでしょうか。
汚れている車は査定額が低めになりやすく、綺麗にしておけば査定額が上がりやすいので、売る前には洗車や掃除をして置くのが良いという話は、よく耳にするものです。
これはこれまでの車の売却で、「常識」とされていたものですが、本当に「清掃」で査定額が上がるのかと言えば、現実はなかなかそう簡単にはいきません。

今回は、車売却前の洗車や車内清掃は本当に必要なのか?という事について焦点を当てていきます。

車を売却する前の清掃の意味

何かを買取業者に売る場合、売りたい物の汚れは査定額に影響するものです。
中古品というカテゴリでは、売りたい何かの汚れは買取業者からすると査定を下げる要因になります。

その理由は買い取った中古品を売る時に、汚いものはお客さんがなかなか選んでくれないためです。
ここを少し掘り下げてみると売りたい物の汚れにどんな意味があるのかが見えてきます。

売りたい物の汚れは一体何なのか

買取業者にものを売る時は、それを幾らで買い取るかを買取業者が査定して決めていきます。
査定は中古品の買取においては、どんなものでも基本的に「プラス査定」という概念がなく、減点方式で行われます。
完璧な状態を100として、使い込み度やキズ、汚れ、何らかの不具合があればそこから点数が引かれていき最終的な買取額が決まります。

これは車の買取でも同じで、車の買取業者がよく言う「プラス査定」というものは存在しません。
この事が、車の洗車や車内清掃にも関わってきます。

車を査定する場合、良い部分を評価して買取額をプラスするという事は行われません。
あくまで減点するのが査定なので、良い部分があってもそれは減点される数字が少ないか、ゼロになるかのどちらかです。
つまり、買取業者にとってはマイナスになる要因を見つけ出す事が「査定」という作業になります。

マイナスになる要因は車のキズや凹み、塗料の剥がれや劣化などがありますが、泥汚れや雨による汚れなども業者にとっては査定額を下げるマイナス要因のひとつとして捉える事が出来ます。
つまり、車の汚れは買取業者によって査定額を下げられる絶好の要素なのです。

しかし、現在ではよほどひどい汚れでもない限り気にしなくても良いというのが一般論になりつつあります。

車の清掃は簡単に出来る

車を売却する場合、これまでは綺麗な状態の方が高く売れるとされてきました。

しかし、車の清掃は具体的に出来る事が限られているため、「綺麗な状態ではなくとも良い」と考えられるようになってきています。
車を綺麗にすると言えば、車体を洗いワックスを掛ける、トランクや車内を掃除する、エンジンルームのオイルを拭き取ると言った方法がありますが、これらは素人でも簡単に行える事です。

車体は家で手洗いが出来る他、ガソリンスタンドで洗車をすればワンコインで簡単に終わります。
ワックス洗車をしたとしても、1,000円から2,000円程度とさほど費用はかかりませんし、短時間で終わります。
車内の清掃もハンディタイプの掃除機があれば簡単に出来る他、ガソリンスタンドの中には車内掃除用の大型掃除機が設置されている事もあり、数百円もあれば車内を隅々まで短時間で綺麗にする事が出来ます。
エンジンルームのオイルはガソリンスタンドでの給油時に拭いてもらう事も出来ますし、使いふるしのタオルがあれば自分で簡単に拭く事が可能です。

車の清掃自体は簡単に出来る事であり、車の清掃は「車のプロ」でなくとも十分に綺麗に出来ます。
また、車の買取業者も買い取った車はどんなに綺麗な状態でも清掃して綺麗にします。
そのため、汚れている車でも綺麗な車でも車の買取業者にとっては大差がないのが実情です。

これらの事から、現在では車の掃除は車の査定額にはあまり影響しないという流れに変わってきています。
実際に車の買取業者から言わせると、洗って落とせたり掃除で綺麗になるような汚れは特に気にならないようで、査定の時にマイナス要因にしないという話もあります。

車を売る時に綺麗にしなくても査定に影響しないのなら、これまで常識とされていた「車は綺麗に洗って、清掃してから査定に出す」というのは全くの無駄であったという事になります。

基本的には清掃の必要はない

車を買取業者に売る場合、基本的に清掃や洗車の必要はありません。
清掃や洗車は誰にでも出来る他、車の買取業者は買い取った車を全て洗車、清掃をするので無理に洗車や清掃をする必要はありません。
しかし、清掃や洗車をする事が全て無駄になるかと言えばそうではありません。

売りたい車を洗車や清掃をする利点

売りたい車を洗車や清掃をする意味は基本的には無いと言えるかもしれませんが、ここで冒頭の「買取業者にとってはマイナス要因に出来る」という話が関係してきます。
つまり、買取業者が車を売ろうとしている人の足元を見た場合、車の洗車や掃除の有無も査定額を下げる要素に出来るということです。

これまでの常識だったものが変わり、今では車を売る前の洗車や掃除は査定額にあまり影響しないとなっています。
しかし、買取業者の査定基準は公開されていないこと、査定は買取業者の都合で変わる可能性もゼロではないことから、売却前の洗車や清掃が全くの無意味とは限りません。

少なくとも、車の買取業者が査定をする前に洗車や清掃をしておけば、査定額のマイナス要因を一つなくす事が出来るのは間違いないので、車を売る時の常識であった「車を売る前には洗車や車内の掃除をしておく」ことは今でも車を高く売るための手段として有効なものです。

ただし、その効果は出る時もあれば出ない時もあるという風に変わっただけで、洗車や掃除自体を否定するにはまだ要素としては弱いものがあります。

車を売る時は一応洗車や清掃をしておく

車の査定額には基本的に影響しないとされつつある車の洗車や清掃は、まだその意味を十分に持っています。
少なくとも、車の汚れを落としてけば買取業者がマイナス査定をする要素を1つ減らすことが出来る事には変わりがないため、いかに影響しないといってもその効果はまだまだ期待出来ます。

確実に以前と違う所もあり、以前は出来るだけ綺麗にしておく事が車を高く売るための要素だったのですが、現在ではそこまで綺麗にする必要はありません。
パッと見て綺麗になっていればそれで良いので、集中的に時間をかけて洗車や掃除をする必要はなく、簡易的なものでも十分です。

簡単に清掃を行う方法

車は本格的に洗車や清掃をしないのであれば、意外と簡単に綺麗にする事が出来ます。

洗車

面倒であればガソリンスタンドへ行き洗車機を利用するのが一番簡単です。
500円から800円程度で洗車機を利用出来るので、高い費用も必要ありません。

自宅で洗う場合は車体全体に水を掛けてからやわらかい雑巾や洗車専用ブラシで軽く汚れを落とします。
夏場などは水分がすぐ乾いてしまうので、水を流しながらやると綺麗に汚れが落ちます。
油汚れなどは無理に落とす必要はありませんが、目立つようなら洗車用の洗剤で洗い流しましょう。
洗車用の洗剤がない場合は台所用洗剤で代用が出来ますが、可能な限り洗車用の洗剤を使用してください。

タイヤやホイールも汚れが付いているようなら水で綺麗に洗い流しておいてください。
時間があればサビ防止のためにホイールは洗った後に乾拭きしておく事をオススメします。

車内の清掃

車内の清掃はハンディタイプの掃除機か、コードレスタイプの掃除機を使うと簡単ですが、コードタイプの掃除機でも使えます。
コードタイプの掃除機を使う時は、延長コードを使って車内にまで引く必要がありますが、それが出来れば使い勝手は悪くありません。
掃除をする場所はシートの下やシートの隙間など見えにくい部分も綺麗にしておいてください。
これらは車内の臭いの原因となる事も多いため、出来るだけ取り除いておく方が有利です。

また、車内だけではなくトランクもゴミがあるようなら掃除機で綺麗にしておきます。

車内のゴミには泥汚れも多くありますが、家庭用の掃除機の中には細かい泥汚れを苦手とするものもあるので、車内の掃除をした後には必ずフィルタの掃除をしておいてください。
場合によっては掃除機を壊してしまう事もあります。

清掃が済んだら、消臭スプレーを使い車内の臭いを取っておくとなお効果的です。
余裕があれば窓ガラスも拭いておくと良いでしょう。

洗車と車内の掃除で30分もあれば終わります。
長い時間をかけて掃除をする必要はないので、要所さえ綺麗に出来れば簡単に済ませても大丈夫です。

車を売る時の清掃は簡単なもので良いのですが、洗い残しや掃除をしていない場所があると見栄えが悪くなるので、あまり手を抜いてしまうのも良くないので、最低限汚れを残さない程度にはしておいてください。

【30万円以上高く売れる事も珍しくない】

当サイトで一番オススメしている一括査定サイトは、株式会社カービューが運営する「カービュー」です。

タウンライフ家づくりの画像

チェックマーク【カービューを選ぶ理由】
  • 簡単に愛車の相場を調べる事が出来る
  • 事故車、廃車でも買取対象
  • 全国200社の中から査定額を比較可
  • 数十万円単位で高く売れる
  • 390万人以上とトップクラスの利用者
  • 自宅にいながらプランを吟味出来る
【カービュの概要】
カービューでは、約1分の入力を行うだけで最大8社の買取業者に査定依頼をする事が出来ます。
そのため、自分の愛車がどの位の相場なのかが一発で分かります。
登録業者は全国に200社以上が登録されており、厳格な審査に通過した業者のみとなっているため、トラブルに巻き込まれる可能性が少ないというのも魅力です。
事故車、廃車、商用車の場合でも買取が可能な業者が参加していますので、思っている以上の金額で買取が出来る可能性があります。
他の一括査定と違う部分は、参加する業者が異なる事、最大8社とやたらめったら多くに査定依頼をするのではなく、ちょうど良い業者に査定依頼をしてくれるため、後々面倒な事にならないというメリットもあります。